相続税の節税対策について

法律改正で課税額が増え、控除対象が減額されました

黄金の聖堂内部相続税の改正が行われ、今までよりも課税額が数百万円から数千万単位で増えると言うことがあります。
したがってしっかりと節税対策をすることで損をすることがありません。
そこで節税対策のいくつかのポイントをあげていきます。

法定相続人を増やす

法定相続人を増やすという方法があります。
法定相続人とはどのような人かというと、被相続人が亡くなったときに相続をする権利がある人のことになります。
第一順位はなくなった人の子供になります。
そして第二順位が亡くなった人の父母や祖父母などの直系尊属になります。
第三順位はなくなった人の兄弟姉妹になります。

人数を増やすことで総課税額を減らす

相続税の税率に関しては、それぞれの法定相続人の法定相続分総定額が各金額に区分されています。
ここでそれぞれの区分に対応をする税率を適用して足し合わせるという方法になっています。
今まではこの区分が6段階でしたが、改正後は8段階に変更されています。
法定相続人一人ずつに当てはめられた税率区分によって課税額が決まるようになっています。
したがって法定相続人一人あたりの相続税を少なくする、すなわち法定相続人の人数を増やして低い税率区分にすると、全体の課税率は減るようになっています。

養子縁組で権利者を増やすのも手

この相続することができる人を増やす方法としては、養子縁組をするという方法があります。
法律のなかで実子がいないというような場合には、養子を2人まで、また実子がいる場合には養子を1人まで法定相続人のなかに含めることができます。
しかし安易な考えで養子縁組をしないように注意をします。
これは後でトラブルの原因ともなってしまうので、家族のなかでしっかりと話し合いをすることが大切です。
このように節税対策としてできることはいくつかあります。