死後の相続税と生前の対策について

相続税は全資産にかかる税金

教会のステンドグラス遺産相続をするときに相続税という言葉を耳にすることがあります。
これは持っている全ての財産に対して課税されるようになっています。
したがってこの対策をしっかりと行うことで、少しでも金銭的な負担を軽減させることができます。

自分の総財産を把握しておこう

ここでまず最初に行わなければいけないことは、現在の自分の財産がどのくらいあるのかと言うことを把握することです。
またそれに対しての税金がどのくらい課税されるようになっているのかを知ることも大切です。
財産に関しては財産評価と資産分析をするということが対策の基本となります。
そこで財産の総額を知るために、種類ごとに財産の内容を把握すると言うことをまず行います。
土地や建物というものがまず頭に思い浮かびますが、これ以外に預貯金や有価証券や生命保険またゴルフ会員権やそのほかの財産がどのくらいあるのかを調べることが必要です。

財産と債務を両方とも把握することが大切です

また自分にとって有利なものだけではなく、借入金や税金の未払いなどの債務がどのくらいあるのかと言うことも明確にしておきます。
土地や建物を所有しているという人は、そこからの収入が年間でどのくらいあるのかと言うことも調べておきます。
また財産の内容を把握するためには、用意しなければいけない書類もあります。
それは土地や家屋の名寄帳、固定資産評価証明書や航空図や構図や路線価図になります。
預貯金や有価証券や生命保険、このほかにはそのほかの財産の明細に関しても用意しておきます。
所得税の確定申告書や各種所得の収支明細書も用意しておきます。
このように必要な書類をそろえて財産評価を行っていきます。
そして現状をまずは把握します。
ここで節税の対策案を考えれば、最適な方法を行っていきます。