ゴスペルコンサートのアンサンブルのように依頼者と相続トラブルの素晴らしい解決法を導きます

遺産相続でトラブルを避けるために

遺産を巡るトラブルは避けたいものです

教会の十字架たくさんの財産が残されていると言うことがわかれば、親族の間でトラブルが発生することもあります。
またこれとは逆に親の遺産相続ではあまり裕福ではない一般家庭でも、兄弟姉妹などがもめてトラブルになるという可能性もあります。
このときに注意しなければいけないことがあります。
それは相続人が増えるとこのようなトラブルも多くなるという点です。

相続人は何も子供たちだけでは無い

相続人は兄弟姉妹だけというように考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
相続人の中には実施の兄弟姉妹だけではなく非嫡出子や養子も含まれています。
このような人が親が亡くなったときに現れるというケースもあるので、相続人が増えるとその分争いごとは増える傾向にあります。

遺産には分けられるモノと分けられないものがある

分けられない資産を分割するときには、売却をしてそのお金を分けるというような換価分割という方法があります。
このほかには家を相続するなどの相続分よりも多く継いだ人がそのほかの人にお金を支払うという代償分割などがあります。
したがって生きている間に親はどのように資産を託したいのかと言うことを明確に示しておくことが大切です。
この意志を遺言に記しておくことが理想です。

遺言状を作る上での注意点

その際に公証役場で正式に遺言状を作るのが一番の方法となっていますが、いきなりこのようなものを作るのは少しハードルが高いと感じる人も少なくありません。
そこでまずは市販のエンディングノートなどを購入して、現在の資産状況を確認しながら考えるようにするとまとめやすいです。
また、遺産相続を弁護士に相談するのも賢い選択です。

親が亡くなった後の相続税の申告には期限が設けられており、それはなくなったことを知ってから10ヶ月以内となっています。
この期間の間にさまざまな手続きを行うことができるようにしっかりと準備をしておきます。

新しい遺産相続案件をご紹介します